MENU

KENTARO!!/秋田県立湯沢高等学校稲川分校

10kentaro01日時・参加者
平成27年9月24日 28名/全校生徒
内容
HIPHOPダンスやコンテンポラリーダンスを生徒が体験的に学べる授業を実施します。講師と補助者によるダンスを鑑賞した後、生徒たちもHIPHOPやコンテンポラリーダンスに挑戦します。プロの講師による本格的なダンス指導を受けることで、10月の学校祭での発表に向けて表現力の向上を目指します。

 

 

 

 


第10回目の芸術家派遣事業は講師にダンサーのKENTARO!!さんをお迎えし、秋田県立湯沢高等学校稲川分校にておこなわれました。この日はご自身の主宰カンパニーである「東京ELECTROCK STAIRS」の横山彰乃さんと高橋萌登さん、泊麻衣子さんも同行し、全校生徒の28名にダンスを指導しました。
まず身体を動かす前準備としてストレッチをしました。膝や腰、腕の筋肉をほぐしていきます。次第にHIPHOPのリズムや動きを取り入れ、身体を慣らしていきます。肩を横に動かし、膝を曲げたり伸ばしたりして、アップダウンの練習をします。少し緊張気味の生徒や、恥ずかしがってあまり大きな動きが出来なかった生徒も、少しずつ笑顔を見せながらリズムに乗っていく様子が見られました。ツーステップ、フォーステップ、などHIPHOPの基本的なステップを踏んでいきます。また、波打つように上半身を動かす「ウェーブ」や、水平に片腕を上げ指さす「ポイント」、空中を蹴り上げるような「キック」など、HIPHOPダンスの特徴的な動作も練習していきます。

10kentaro02 10kentaro02 10kentaro03

基本的な動きを学び終えた後は、KENTARO!!さんが振り付けしたダンスの練習をしました。今回はくるりの「ばらの花」に合わせて踊っていきます。初めはゆっくりとステップを踏み、振り付けを覚えていきます。曲のテンポに慣れ、振り付けを覚えてくると、動きがスムーズになり自然と動きも大きくなっていきます。笑顔で踊る生徒も増えてきました。
曲を数パートに分けてダンスを練習した後、曲全体を通しで踊る練習が始まりました。生徒は2グループに分かれて練習し、生徒たちはKENTARO!!さんや3人のアシスタントとともに振り付けの最終確認をしました。大体の振り付けを確認し終えたところで、KENTARO!!さんから1つの課題が出されました。それは、ダンスの一部に自分なりの振り付けを入れることです。今回は「紙」というテーマが出されました。紙を切る、紙で鼻をかむ、上から落ちてきた紙を拾う…など、「紙」に対するイメージを膨らませて、動きを自分たちで作っていきます。最後に、KENTARO!!さんと生徒の振り付けを合体させて完成したダンスを全員で踊りました。授業の最初よりも足並みが揃い、動きが柔らかく軽やかになっているのが分かります。最後は手のひらを上に向け、右腕を上げる最後のポーズをしっかりと決めました。
今回の授業で生徒たちが学んだ成果は、10月の学校祭で発表される予定です。

10kentaro05 10kentaro06

10kentaro07


講師略歴
HIPHOPダンスやコンテンポラリーダンスを生徒が体験的に学べる授業を実施します。講師と補助者によるダンスを鑑賞した後、生徒たちもHIPHOPやコンテンポラリーダンスに挑戦します。プロの講師による本格的なダンス指導を受けることで、10月の学校祭での発表に向けて表現力の向上を目指します。