MENU

サイトウタクヤ/大館市立比内中学校

29saito01日時・参加者
平成27年11月26日 75名/1年生
内容
地元出身の講師とFULL SWINGのバンドメンバーが、生徒たちに本格的なバンドミュージックを披露します。ギターやオルガン、ベース、ドラムなどの楽器の試演奏や故郷をテーマにした作詞、作曲をワークショップ形式で学ぶ。授業中に即興的に楽曲を作り演奏することで、音楽が生まれるプロセスを体験的に学び、音楽をより身近に感じることをねらいとしています。

 


第29回目の芸術家派遣事業は、講師にシンガーソングライターのサイトウタクヤさんを迎え、大館市比内中学校で実施されました。また、この日はバンド「FULL SWING」のメンバーである山口ゆきのりさん(ハモンドオルガン)、菅田典幸さん(ドラム)、コウノハイジさん(ギター)、高宮博史さん(ベース)も同行しました。体育館の中心に円を描くように並べられた楽器。生徒たちは興味深そうに楽器を見つめています。サイトウさんが「好きな場所で聴いていいよ」と話すと、生徒たちは一斉に動きだし、それぞれ気になる楽器のそばへ行き、
最初にサイトウさんが自身のオリジナル曲「週末の天使」を披露しました。目の前で展開される音楽を楽しんでいる様子です。最初は緊張していたような印象も受けましたが、次第に笑みがこぼれ始めました。
サイトウさんは一緒に演奏するバンドの名前、「FULL SWING」の意味やそれぞれの楽器について説明しました。そして、シンガーソングライターとしての自身のスタンスについて。印象的だったのは作詞に関して語られた、「『僕』が見える歌詞」という言葉です。その人とその人らしさが音楽に表れるということ—この後作詞のワークショップに参加する生徒たちに1つのヒントになりそうです。その後に披露された「ない風景」について、サイトウさんはジョン・レノンの“Imagine”を引きながら「僕なりのイマジン」と同曲について説明しました。日常の風景がなくなったら、ということを想像し、何も「ない風景」を描きながら作ったと話します。生徒たちはサイトウさんの話に、静かに耳を傾けていました。

29saito02 29saito03 29saito04

ワークショップでは生徒たちも作詞に挑戦しました。75名を10グループに分け、それぞれがAメロ、Bメロ、サビ、コーラス/ラップなど曲の一部に詞をつけていきます。「風景」「食べ物」「悩んでいること、困っていること」「恋について」「人について」「愛について」「夢、未来、目標について」…サイトウさんが書き出したテーマをグループごとに選び、話し合いながら言葉のイメージを膨らませていきます。サイトウさんやFULL SWINGのメンバーも生徒たちにアドバイスをしていきます。中には英語で作詞するグループもいました。出来上がった詞を書いた画用紙を並べ、それを見ながらサイトウさんが曲を考えます。「疾走系のリズムにしよう」とサイトウさんが曲のリズムを決め、即興で詞に曲をつけていきました。生徒たちは自分たちの想いを託した言葉が曲に乗っていくのを楽しんでいるようです。
「『愛ってなんだ』 甘くて深い 『それが愛なんだ』」あるグループでは男子生徒が「愛」についてイメージを膨らませ、少し心がくすぐったくなるような歌詞を書きました。生徒たちの会話や自問自答が、ストレートな歌詞になった印象を受けます。別々に作った歌詞が一曲にまとめられたことで、不思議と対照性が生まれていたこともまた、興味深かったです。それぞれの視点から日常を描いた詞が曲の中に並置されることで、各グループの個性がより際立っていました。サイトウさんは詞の一部を使って、曲に「アイラヴオーダテ」という名前をつけました。楽曲最後のコーラスではこのフレーズを繰り返します。生徒たちもコーラスに参加しました。“I love Odate!  We are Best Friends.”FULL SWINGの演奏に合わせ、サイトウさんと生徒たちの声が体育館に響き渡ります。
授業の最後にサイトウさんが生徒たちに向けて歌ったのは「シンガーソングライター」という曲です。サイトウさんをまっすぐ見つめ、じっくりと歌を聴く生徒たちの姿を見ていると、授業冒頭で語られた「『僕』が見える歌詞」という言葉が思い起こされました。

29saito05 29saito06 29saito07


講師略歴1976年秋田県大館市生まれ。17歳の頃にギターを購入し、以後オリジナル曲を作り続ける。上京を機に大学の音楽サークルにてバンドを結成。バンド解散後はソロとして音源制作やライブ活動を行い、アルバム『rain fruits music』(2006年、iML)、『ハートランド』(2007年、自主制作)、2ndアルバム『GOLDEN MAGIC』(2009年)などを発表。様々なコンピレーションアルバムにも参加するほか、多くのミュージシャンのサポートもおこなう。2015年までスタッフを務めたゼロダテには、オリジナル楽曲を提供している。